医療事務の資格を取って就職しよう!

「医療事務の資格を取って就職したい!」と考えている方のための情報ブログです。

医療事務の資格を最短で取得する方法

f:id:kouichi0429:20170812145622j:plain

 

「医療事務の資格を最短で取得したい!」という方はいませんか?

 

一部の資格を除き、医療事務の資格は難易度がそれほど高いわけではないので、「短期間の学習でも取得できるのでは?」と考える方もいらっしゃるかもしれません。

 

ですが、いくら難易度が低いとはいってもどの資格試験も3ヵ月から半年の学習期間を要するものが大半です。

 

そんな中、最短8日間の学習で取得できる医療事務の資格があると言います。

 

それは一体、どんな資格なのでしょうか?

 

▼無料でまとめて資料請求!▼
医療事務の講座

 

最短8日間で取得できる医療事務資格とは?

 

最短8日間で取得できる医療事務資格とは、日本医療事務協会が主催する「医療事務検定試験」資格です。

 

日本医療事務協会が開講する医療事務の通学講座を修了することで取得することができます。

 

通常は1~2ヵ月かけてじっくり学びますが、「最短で医療事務の資格を取得したい!」という方向けに短期集中コースが設置されています。

 

1コマ2時間の授業を1日2コマ(合計4時間)×8日間の受講で取得を目指せます。

 

※ 「医療事務検定試験」は特に受験資格が設けられていませんから、独学で取得を目指すことも可能です。

 

日本医療事務協会の医療事務講座の特徴は?

 

f:id:kouichi0429:20170823133056j:plain

 

日本医療事務協会の医療事務講座の特徴と受講料などについてお伝えします。

 

短期間で医療事務の資格取得が目指せるうえに就職サポートまで付いて、46,116円(税込)という受講料は良心的と言えるのではないでしょうか?

 

教室は北海道から九州・沖縄まで全国にあります。

 

医療事務の現場で求められる実践的スキルを学べます!

 

初めて病院勤務される方が「これだけは絶対に身につけておくべき」スキルに絞って学ぶことができます。

 

現場で使うことの少ない難しい計算や暗記は一切ありません。

 

【カリキュラム】

●医療事務の基礎

●基本診療料A

●基本診療料B

●投薬(外来・入院)

●注射(外来・入院)

●検査A

●検査B

医療保険制度

●受付・会計・請求

●点数表の読み取り

●処置A

●処置B

リハビリテーション

●医学管理・在宅医療

●手術・麻酔

●画像診断

●請求事務関連


就職サポートが充実!

 

最短8日間で資格取得を目指せるばかりでなく、就職サポートが充実している点も特長の1つです。

 

主に3つの就職サポートがあります。

 

① 就職支援部によるサポート

 

「お仕事相談会」の実施のほか、専任担当者が仕事の紹介、就職活動・就業中のフォロー、キャリアップまでを一貫してサポートしてくれます。

 

※ 就職支援部は北海道(札幌)、埼玉(さいたま)、東京(新宿、大手町)、千葉(船橋)、神奈川(横浜)、愛知(名古屋)、大阪(大阪)、福岡(福岡)にあります。

 

② 就職サポートセミナー

 

医療機関での勤務経験のない方でも自信を持って就職活動に臨めるように制作された動画セミナーです。

 

応募書類の作成の仕方や面接の正しい受け方が学べます。

 

③ 求人情報配信

 

日本医療事務協会では医療事務の求人に特化した「医療事務求人.com」を運営しています。

 

「医療事務求人.com」では、未経験でも安心して応募できる求人情報が掲載されています。

 

1年間受講し放題なので忙しい方も安心!

 

初めて医療事務を学ぶ方の中には「本当に資格を取得できるのかな?」と不安な方もいらっしゃるでしょう。

 

ですが、日本医療事務協会の講座には「振替受講制度」や「重複受講制度」などが設けられているので安心です。

 

● 振替受講制度・・・・・急用で欠席した場合、都合の良いクラスに自由に振り替えて受講できます。

 

● 重複受講制度・・・・・既に一度受講した講義を他のクラスで繰り返し受講できます。

 

● 1年間の受講有効期間・・・・・1年間は何度でも授業を受講できます。

 

標準学習期間

1 ~ 2 ヶ月(最短8日間)

カリキュラム

全14回 (1回2時間)

受講料

46,116円(税込)

※ 教材費込み。

※クレジットカードによる分割払い可能。

期間延長

1年以内であれば、無料で何度でも講義を聴講できます。

 

 

日本医療事務協会の医療事務講座の資料請求【無料】はこちらからどうぞ!

 

 

 医療事務検定試験について

 

 ● 日本医療事務協会が実施する資格試験です。

 

医療保険制度、患者対応、医療費計算、請求事務の知識など医療事務全般の基本的知識と技術が審査されます。

 

平均合格率 88.1 %平成28年度)。 資格取得の難易度は低いと言えるでしょう。

 

資格概要 医療事務全般の基本的な知識と技術を有しているかを審査する試験。
受験資格

特になし

医療事務の基本的な算定知識を有する方であれば、どなたでも受験可能。

試験日程 毎月第4日曜日
試験内容

■ 学科試験・・・正誤問題 20問、文章問題 5問(穴埋め形式)

■ 実技試験・・・会計欄作成 計2問(外来、入院各1問)

時間 2時間
試験場所

全国各地 (開催日により異なる。)

※ 再試験の場合は在宅試験

受験料 7,560 円 (税込)
合格発表

試験日の約 2週間後に郵送で通知

※ 合格基準は非公表

主催団体

日本医療事務協会

東京都新宿区西新宿 1-23-7 新宿ファーストウエスト7F

電話 03-3349-6011 E-Mail:info@japanmc.jp

http://www.japanmc.jp/

備考 会場受験・自宅受験いずれも、教材・資料の持ち込み・閲覧可。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回は、「医療事務の資格を最短で取得する方法」についてお伝えしました。

 

「医療事務の資格を取得したいけど、3~6ヵ月も時間をかけられない。」という方もいらっしゃるでしょう。

 

今回ご紹介した「医療事務検定試験」資格は、通学8日間という短期間で取得可能な資格となります。

 

受講料も良心的ですし、就職サポートが付いているのも心強いでしょう。

 

「最短で医療事務資格を取得したい!」という方は日本医療事務協会の講座の受講を検討してみてはいかがでしょうか?

日本医療事務協会の医療事務講座の資料請求【無料】はこちらからどうぞ!