医療事務の資格を取って就職しよう!

「医療事務の資格を取って就職したい!」と考えている方のための情報ブログです。

調剤薬局事務の資格の取り方。独学でも取得できるのは?

f:id:kouichi0429:20170829125331j:plain

 

調剤薬局事務の資格を取りたいけど、どんな取り方をしたらいいのかな?」とお悩みではありませんか?

 

調剤薬局事務の資格は主に7種類あり、実はどの資格の取得を目指すかによって取り方が変わってきます。

 

今回は、「調剤薬局事務の資格の取り方」について詳しくお伝えします。

  

 

調剤薬局事務の資格の取り方

 

2017年10月現在、調剤薬局事務の資格は以下の7つがあります。

 

調剤事務管理士

・調剤報酬請求事務技能検定試験

調剤報酬請求事務技能認定

調剤事務実務士

医療保険調剤報酬事務士

調剤報酬請求事務専門士

調剤薬局事務資格  

 

いずれの資格も資格を認定する団体が実施する試験に合格することが取得の条件になりますが、1つ注意点があります。

 

それは、「認定講座の受講者」が受験資格になっている試験があること。

 

これはつまり、独学では取得できない資格もあるということです。

  

実は調剤薬局事務の資格試験にはこのような「認定講座の受講者」が受験資格になっているものが多いんです。

 

独学で取得を目指せる(受験資格が無い)資格は「調剤事務管理士」、「調剤報酬請求事務専門士」の2つだけです。

 

調剤事務管理士」、「調剤報酬請求事務専門士」以外の資格取得を目指す場合は、必然的に資格の主催団体が認定する講座(通学 or 通信)を受講する必要があります。

 

その点を踏まえたうえで取得する資格を選ぶようにましょう。

 

なお、調剤薬局事務の資格の詳細は以下の記事で詳しくご紹介しています。

 

iryojimu.hatenablog.com

 

調剤薬局事務の資格の取り方①「独学」

 

最もお金がかからない方法です。

 

資格取得に必要な費用はテキスト代と受験料のみです。

 

ただし、独学で取得を目指せるのは、「調剤事務管理士」と「調剤報酬請求事務専門士」の2資格のみです。

 

この2つの資格試験だけは受験資格が設けられていません。

 

調剤事務管理士」は、市販のテキストで基本を勉強した後、試験の予想問題集(試験の主催団体・技能認定振興協会のWEBサイトで購入可能)に取り組むことで取得を目指せるでしょう。

 

調剤報酬請求事務専門士」は、公式テキスト&問題集(試験の主催団体・調剤報酬請求事務専門士検定協会のWEBサイトで購入可能)に取り組むことで取得を目指せるでしょう。

  

調剤薬局事務の資格の取り方②「通学講座」

 

2017年10月現在、調剤薬局事務の通学講座を開講しているのは、日本医療事務協会、ニチイ学館、資格スクール大栄の3つです。

 

日本医療事務協会では「調剤報酬請求事務技能検定試験」、ニチイ学館では「調剤報酬請求事務技能認定」、資格スクール大栄では「調剤事務管理士」の取得を目指せます。

  

 

日本医療事務協会

 

日本医療事務協会の最大の特徴は最短3日間で資格を取得できることです。

 

日本医療事務協会が実施する「調剤報酬請求事務技能検定試験」(資格の呼称なし)に対応しています。

 

「調剤報酬請求事務技能検定試験」は日本医療事務協会の通学講座または通信講座を受講しないと受験できません。

 

取得可能な資格 調剤報酬請求事務技能検定試験
標準学習期間

2週間 ~ 1ヶ月(3時間×5回)

※ 受講有効期間は1年間です。

受講料(税込)

41,040円

※ クレジットカードによる分割払い可。

開講されている都道府県

北海道、宮城、山形、秋田、青森、福島、岩手、東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、栃木、山梨、静岡、愛知、大阪、兵庫、福岡、熊本、沖縄

※ 2017年10月現在

 

日本医療事務協会の講座についてさらに詳しく

 

ニチイ学館

 

ニチイ学館では一般財団法人 日本医療教育財団が認定する「調剤報酬請求事務技能認定」資格を取得できます。

 

この資格もニチイ学館の通学講座または通信講座を受講しないと取得できません。

 

取得可能な資格 調剤報酬請求事務技能認定
標準学習期間 2ヶ月(2.5時間×8回 or 5時間×4回)
受講料(税込)

44,230円

※ 分割払い可(3・6・10・15回)。

就職サポート なし
開講している都道府県

北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、新潟、富山、石川、福井、長野、東京、千葉、神奈川、埼玉、栃木、山梨、岐阜、静岡、愛知、三重、大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀、和歌山、福岡、佐賀、熊本、大分、宮崎、沖縄

※ 2017年10月現在

 

ニチイ学館の講座についてさらに詳しく

 

 調剤薬局事務の資格の取り方③「通信講座」

 

2017年10月現在、調剤薬局事務の通信講座を開講しているのは、7つあります。

 

順次ご紹介していきます。

 

ユーキャン

 

ユーキャンでは、(株)技能認定振興協会が認定する「調剤事務管理士」資格の取得を目指せます。

 

教育訓練給付制度対象講座なので、受給対象者の方は講座修了後にハローワークから受講料の20%が支給されます。

 

取得できる資格 調剤事務管理士
標準学習期間 4ヶ月(最大1年間有効)
受講料(税込)

39,000円

※ 分割払い・・・・・3,300 円 × 12 回 (総計:39,600 円)

質問対応 Eメール、郵送で何度でもOK
添削指導 3回 + 修了認定試験 (3 回まで受験可)
就職サポート なし
スクーリング なし
特記事項 教育訓練給付制度対象講座

 

ユーキャンの講座についてさらに詳しく

 

 たのまな(ヒューマンアカデミー

 

たのまな(ヒューマンアカデミー)では、医療保険学院の「医療保険調剤報酬事務士」資格の取得を目指せます。

 

この資格も医療保険学院が認定する講座を受講しないと取得することができません。

 

取得可能な資格 医療保険調剤報酬事務士
標準学習期間 2ヶ月(有効期間は6ヵ月間)
受講料(税込)

33,000円

※ 教育ローンでの分割払い可。

質問対応 Eメール、FAX、郵便で何度でもOK
添削指導 3回
就職サポート あり
スクーリング なし
特記事項

・学習を助けるサポートDVD付き

・受講生や修了生が交流できるコミュニティサイトあり

 

たのまな(ヒューマンアカデミー)の講座についてさらに詳しく

 

 ニチイ学館

 

ニチイ学館では、一般財団法人 日本医療教育財団が認定する「調剤報酬請求事務技能認定」資格の取得を目指せます。

 

この資格は日本医療教育財団が認定する講座を受講しないと取得することができません。

 

取得可能な資格 調剤報酬請求事務技能認定
標準学習期間 4ヶ月(最大8ヵ月間有効)
受講料(税込)

36,000円

※ 分割払い可(3・6・10回)。

質問対応 電話・Eメール・FAX・郵便で何度でもOK
添削指導 なし
就職サポート なし
スクーリング

あり

※ 通学コースの授業を2回まで無料で受講できます。

 

ニチイ学館の講座についてさらに詳しく

 

日本医療事務協会

 

日本医療事務協会では日本医療事務協会が実施する「調剤報酬請求事務技能検定試験」に対応しています。

 

「調剤報酬請求事務技能検定試験」は日本医療事務協会の講座を受講しないと受験できません。

 

取得可能な資格 調剤報酬請求事務技能検定試験
標準学習期間 1ヶ月(有効期間は1年間)
受講料(税込)

32,184円

※ クレジットカードによる分割払い可。

質問対応 Eメール、FAX、郵便で何度でもOK
添削指導 2回
就職サポート あり
スクーリング なし

 

日本医療事務協会の講座についてさらに詳しく

 

ソラスト

 

ソラストでは、(株)技能認定振興協会が認定する「調剤事務管理士」資格の取得を目指せます。

 

教育訓練給付制度対象講座なので、受講後に受講料の20%がハローワークから支給されます(受給対象者のみ)。

 

標準学習期間 3ヶ月(最大1年間有効)
受講料(税込)

29,000円

2017年11月30日までのキャンペーン価格です(通常は37,800円)。

※ 3・6・10 回の分割払いが可能。

質問対応 電話・メール・FAX・郵送で何度でもOK
添削指導 3回
就職サポート 不明
スクーリング なし
特記事項 教育訓練給付制度対象講座

 

ソラストの講座についてさらに詳しく

 

キャリアカレッジジャパン

 

キャリアカレッジジャパンでは一般財団法人 日本能力開発推進協会が認定する「調剤薬局事務資格」取得に対応しています。

 

この資格も日本能力開発推進協会の認定講座を受講しないと取得できません。

 

取得可能な資格 調剤薬局事務資格
標準学習期間 2ヶ月(最大1年間有効)
受講料(税込)

31,320円

※ 分割払い可

質問対応 学習支援ツール(WEB)で何度でもOK
添削指導 3回
就職サポート あり
スクーリング なし

 

 ⇒ キャリアカレッジジャパンの講座についてさらに詳しく

 

 まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回は、「調剤薬局事務の資格の取り方。独学でも取得できるのは?」についてお伝えしました。

 

調剤薬局事務の資格の取り方には「独学」、「通学講座を受講する」、「通信講座を受講する」の3通りの方法があります。

 

あなたに合った方法で資格取得を目指してください。