医療事務の資格を取って就職しよう!

「医療事務の資格を取って就職したい!」と考えている方のための情報ブログです。

医療事務になるには年齢は関係ない!30~40代から医療事務になる方法

f:id:kouichi0429:20170814111858j:plain

 

女性に大変人気のある職業・医療事務。

 

30~40代の女性の中には「医療事務の仕事に興味があるけど、私の年齢で雇ってくれる医療機関はあるのかな?」とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そこで今回は「30~40代から医療事務になる方法」についてお伝えしたいと思います。

 

▼無料でまとめて資料請求!▼
医療事務の講座

 

30~40代の女性が主力の医療事務

 

まずは下のグラフをご覧ください。

 

下のグラフは医療・介護・保育分野に人材を供給するソラストの事業別・年齢層の内訳を表したものです。

 

医療分野で30代・40代が過半数を占めているのがお分かりいただけると思います。

 

そうです。医療事務の分野では30代・40代が主力なんです。

 

f:id:kouichi0429:20171102221403g:plain

 出典:ソラスト

未経験の30代・40代でも医療事務になれる!

 

インターネットのQ&Aサイトで「未経験の30代・40代ですが、医療事務になれますか?」という質問を多く見かけます。

 

その回答は「難しいです。」という内容も多いです。

 

ですが、30代・40代でも未経験から医療事務デビューを果たしている方はいらっしゃいます。

 

決して諦める必要はないでしょう。

 

37歳で医療事務デビューした方の場合

 

ニチイ学館の通信講座で資格(メディカルクラーク)を取得し、派遣のパート(総合病院のレセプト担当)の紹介を受け就業。

 

その後、2箇所その病院の診療科を経験し、新規開業のクリニックに転職。

 

この方の体験記はこちら

 

48歳で医療事務デビューした方の場合

 

日本医療事務協会の通学講座で資格を取得し、就職支援部の紹介で総合病院(東京歯科大学 市川総合病院)に就職。

 

長く働くことのできる医療事務員を目指して奮闘中。

 

この方の体験記はこちら

 

未経験の30代・40代から医療事務になる方法

 

未経験の30代・40代の方が医療事務になる方法を2つご紹介します。

 

①就業サポートのある医療事務講座を受講する

 

上記の37歳で医療事務デビューした方、48歳で医療事務デビューした方のように就業サポートがしっかりした医療事務講座を受講する方法です。

 

ただし、お住まいの地域によっては就業先の紹介が受けられない場合がありますので、その点はよく確認したうえで受講を決めましょう。

 

就業サポートが充実しているのは、ニチイソラスト日本医療事務協会ヒューマンアカデミーなどの講座でしょう。

 

②派遣会社に登録する

 

医療事務の求人に特化したソラストでは、「就業意欲があれば」年齢はおいくつでもOKですし、無資格・未経験でも登録可能です。

 

しかも、資格取得支援制度もあります。

 

登録は無料ですので、興味のある方は登録だけでもしてみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回は、「医療事務になるには年齢は関係ない!30~40代から医療事務になる方法」についてお伝えしました。

 

「30代・40代で医療事務になるのは無理だ!」という意見もありますが、30代・40代でも医療事務デビューすることは可能です。

 

本気で「医療事務の仕事に就きたい!」という30~40代の方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

iryojimu.hatenablog.com

 

iryojimu.hatenablog.com