医療事務の資格を取って就職しよう!

「医療事務の資格を取って就職したい!」と考えている方のための情報ブログです。

【最新版】診療報酬請求事務能力認定試験の通学講座を徹底比較!

f:id:kouichi0429:20171105082422j:plain

 

医療事務試験の中で最も難しいと言われる「診療報酬請求事務能力認定試験(医科)」。

 

「独学や通信講座では難しそうだから、通学講座で勉強して合格を目指そう!」という方は多いのではないでしょうか?

 

2017年12月現在、「診療報酬請求事務能力認定試験(医科)」に対応した通学講座は、3校で開講されていますが、それぞれ内容には大きな違いがあります。

 

そこで今回は、診療報酬請求事務能力認定試験(医科)の合格を目指せる通学講座を徹底的に比較してみました。

 

通学講座で勉強して診療報酬請求事務能力認定試験(医科)の合格を目指そうと思っている方はぜひ参考にしてみてください!

 

通学講座の受講形態について

 f:id:kouichi0429:20171203083212j:plain

通学講座と言うと、講師の授業を聴講しながら学習するイメージをお持ちの方が多いと思います。

 

ですが、診療報酬請求事務能力認定試験(医科)の通学講座を開講しているスクールの中には違った受講形態を取っているところがあります。

 

それが、『オンデマンド受講』と『ハイブリット受講』です。

 

オンデマンド受講

講師による講義が収録された映像教材を個別ブースで視聴しながら学習する形態です。

決まった日時に通学する必要がなく、ご自身の都合に合わせて通学できるメリットがあります。

ハイブリット受講

通信(自宅学習)と通学(教室授業)を組み合わせた受講形態です。

基礎知識の習得を自宅で行い、問題演習を教室で行います。

 

ご覧いただいたように通学講座と言っても、様々な受講形態があります。

 

どの受講形態がご自身に合っているか、よく考えたうえで受講する講座を決める必要があります。

 

それでは、ここから診療報酬請求事務能力認定試験(医科)の合格を目指す通学講座をご紹介していきます。

 

ヒューマンアカデミー

 

ヒューマンアカデミーは、講師のライブ授業を聴講しながら学習するオーソドックスな通学講座です。

 

就職サポートが充実しているので、試験合格後に就職を考えている方は受講を検討してみると良いでしょう。

 

ヒューマンアカデミー通学講座の主な特徴をいくつかご紹介します。

 

●合格者の約5人に1人はヒューマンアカデミーの受講生!

 

平成28年7月度「診療報酬請求事務能力認定試験」の合格者約5人に1人はヒューマンアカデミーの受講生でした。

※ 合格者1,339人中258名がヒューマンアカデミーの受講生

 

●初めて医療事務を学ぶ方でもOK!

 

「診療報酬請求事務能力認定試験」は、医療事務試験の中で最も合格率が低く、難易度が高い試験です。

 

そのため、全く初めて医療事務を学ぶ方の中には「ホントに合格できるかな?」と不安に思われている方も多いでしょう。

 

でも、大丈夫!

 

ヒューマンアカデミーでは、医療事務を初めて学ぶ方から学習経験者の方まで対応した講座がラインナップされています。

 

講座名 内容・受講料
医療事務講座(医科)+ 受験対策コース(初学者向けコース

全く初めて医療事務を学ぶ方が診療報酬請求事務能力認定試験の合格を目指すコース。

「医科2級医療事務実務能力認定試験」、「2級医療秘書実務能力認定試験」の合格も目指せます。

180分×35回(105時間)

標準学習期間:6ヵ月~

受講料(税込):219,240円(教育訓練給付金対象講座

診療報酬請求事務能力認定対策講座(経験者向けコース

診療報酬請求事務能力認定試験の合格に特化したコース。

医療事務の学習経験がある方、既に他の医療事務資格を取得済みの方、医療事務の実務経験者向けのコースです。

「診療報酬関連のまとめ確認」と「認定試験対策」(演習問題、学科・基礎問題、実技問題)を行います。

180分×10回(30時間)

標準学習期間:2ヵ月~

受講料(税込):77,760円

 

●ライフスタイルに合わせて学べます!

 

平日・土日・短期集中など、様々なコースがあり、ライフスタイルに応じて学べます。

 

やむなく授業を欠席しても、受講校舎または近隣校舎で振替受講が可能です。

 

校舎の所在地は以下の通りです。

 

北海道 北海道(札幌)
東北 宮城県(仙台)
北信越 新潟県(新潟)
関東 東京都(銀座、新宿、立川)、千葉県(千葉、柏)、神奈川県(横浜)、埼玉県(大宮)、栃木県(宇都宮)
東海 静岡県(静岡駅前、浜松駅前)、愛知県(名古屋駅前)
関西 大阪府(大阪梅田、天王寺、大阪心斎橋)、兵庫県(三宮)、京都府(京都)、奈良県(奈良西大寺)、和歌山県(和歌山)
中国・四国 広島県(広島)、岡山県(岡山)、香川県(高松)
九州・沖縄 福岡県(福岡、北九州)、熊本県(熊本)、鹿児島県(鹿児島)、沖縄県那覇

 

●充実の就職サポート!

 

ヒューマンアカデミーヒューマンリソシア(総合人材サービス会社)による就職Wサポートを受けることができます。

 

ヒューマンアカデミーのサポート

ヒューマンアカデミーには就職部があり、キャリアカウンセラーとジョブカウンセラーからサポートを受けることができます。

キャリアカウンセラー・・・・・受講生一人ひとりの希望と適性をもとにキャリアプランの作成をサポートします。

ジョブカウンセラー・・・・・履歴書添削や面接指導などはもちろん、医療業界情報の収集から最適な仕事の紹介までサポートを行ってくれます。

ヒューマンリソシアのサポート 業務委託スタッフ、正社員、派遣社員(紹介予定派遣含む)など、一人ひとりのライフスタイルに応じた働き方を提案してくれます。

 

ヒューマンアカデミー医療事務 サイトへ

 

資格スクール大栄

 

資格スクール大栄の講座は、通信(自宅学習)と通学(教室授業)を組み合わせたハイブリット講座です。

 

全く初めて医療事務を学ぶ方が最難関試験「診療報酬請求事務能力認定試験(医科)」の合格を目指せます。

 

資格スクール大栄の主な特徴をいくつかご紹介します。

 

●通信と通学のいいとこどり講座

 

資格スクール大栄の医療事務資格講座は通信(自宅学習)と通学(教室授業)を組み合わせた講座です。

 

インプット学習(基礎知識の習得)を自宅で行い、アウトプット学習(問題演習)を教室授業で行います。

 

通信
(自宅学習)
自宅で好きな時間にスマホやパソコンから視聴できる映像講義&テキストで基礎知識をインプットします。
通学
(教室授業)

アウトプット(演習)は校舎で行います。

応用的な知識も習得でき、より理解が深まります。

 

校舎には、医療事務資格や試験に詳しいプロのキャリアナビゲーターが常駐しています。

 

受験日程や効率的な学習方法、学習スケジュールなど、いつでも相談できます。

 

なお、校舎の所在地は以下の通りです。

 

北海道 北海道
東北 宮城県青森県岩手県福島県
北信越 新潟県富山県、石川県、福井県、長野県
関東 東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県
東海 静岡県、愛知県、岐阜県三重県
関西 大阪府兵庫県京都府滋賀県奈良県和歌山県
中国・四国 広島県岡山県山口県香川県徳島県高知県愛媛県
九州・沖縄 福岡県、佐賀県長崎県大分県熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

 

●医療事務管理士(医科)の合格も目指せます!

 

診療報酬請求事務能力認定試験(医科)の合格を目指せるだけでなく、医療事務管理士(医科)の合格も目指せます。

 

医療事務管理士(医科)は、約50年の歴史と実績がある医療事務のスタンダード資格です。

 

●就職サポートがあります!

 

修了後は、約50年にわたり全国の病院・医療機関への医療事務派遣の実績があるソラスト社の就業サポートを受けることができます。

 

最寄りの校舎で開催される修了生限定の就業説明会に参加し、医療事務への就業機会を得ることが可能です。

 

取得可能な資格

診療報酬請求事務能力認定試験(医科)

医療事務管理士(医科)

標準学習期間 4ヵ月~(回数:42回)
受講料

86,000円(税込)

※ ローンによる分割払い可

 

資格スクール大栄の講座の詳細はこちら

 

資格のアビバ

 

資格のアビバの通学講座は、映像授業を個別ブースで視聴しながら学習するオンデマンド講座です。

 

ご自身の都合に合わせて通学できます。初めて医療事務を学ぶ方でもOKです!

 

資格のアビバの通学講座の特徴をいくつかご紹介します。

 

●「診療報酬請求事務能力認定試験(医科)」対策に特化した講座

 

「医療事務 合格パック」コースは、医療事務資格の中で最も信頼が高いと言われる(財)日本医療保険事務協会主催の「診療報酬請求事務能力認定試験(医科)」合格に標準を合わせた講座です。

 

診療報酬請求事務能力認定試験は、資料の持込みが認められた試験です。

 

そこで、試験時に役立つ持ち込み資料の作り方や実技試験対策などの試験合格テクニックを学べます。

 

●ご自身の都合に合わせて通学できます!

 

受講形態は講義ムービーを個別ブースで視聴しながら学習するスタイルです。

 

自分の都合に合わせて通学します(受講期限まで何度でも通学可能)。

 

決まった日時に通学し、講師のライブ授業を受講するわけではありません。電話1本で直前予約も可能です。

 

●全国に100教室以上あります!

 

教室は北海道から九州まで全国に100箇所以上(2017年12月現在)あり、平日夜や土日も開講しています。

 

急な転勤や引っ越し、長期出張を控えた方には、転籍制度も利用可能です。

 

教室の所在県は以下の通りです。

 

北海道 北海道
東北 宮城県福島県岩手県
北信越 新潟県福井県
関東 東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、栃木県
東海 静岡県、愛知県、岐阜県三重県
関西 大阪府兵庫県京都府奈良県滋賀県
中国・四国 広島県岡山県山口県香川県徳島県愛媛県高知県
九州・沖縄 福岡県、佐賀県長崎県大分県熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

 

●就職サポートはありません。

 

受講修了後の就業サポートはありません。就職・転職活動は自力で頑張るという方向きです。

 

標準学習期間 4ヵ月
受講料(税込) 要問合せ
質問対応 Web学習システムの質問相談コーナーで、いつでも質問ができます。
備考 「回数制」ではなく「期間制」なので、視聴期間内であれば何度でも受講可能です。

 

アビバの医療事務講座

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回は、「診療報酬請求事務能力認定試験(医科)の通学講座を徹底比較!」をお伝えしました。

 

通学講座と言っても、「いろんな受講形態があるんだなぁ~」と思われたのではないでしょうか?

 

どの講座にもメリット・デメリットがあり、一概に『この講座が良い!』ということは言えません。

 

ご自身が何を重要視するかで受講する講座は変わってくると思います。

 

気になる講座があれば、資料請求するなり、説明会に参加するなりしてみましょう。

 

受講する講座によって結果は全く違ったものになると思いますので・・・

 

なお、診療報酬請求事務能力認定試験(医科)の通信講座について下記の記事にまとめております。 iryojimu.hatenablog.com